ホーム » クレジットカード » クレジットカードはヤフーカード・楽天カードどちらも便利

クレジットカードはヤフーカード・楽天カードどちらも便利

 

クレジットカードの中でも、作りやすい・ポイントが貯まる・ネットショッピングで使いやすい、そして年会費無料といった点で人気が高いのがヤフーカードと楽天カードです。

 

クレジットカードの中には作っても実際にはあまり使用されないカードも多いですが、ヤフーカードと楽天カードは発行量も多く、実際に使用している人も多いカードです。ヤフーカードと楽天カードの特徴をここでご紹介します。

1.ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)の特徴

 

ヤフーカードのカードブランドはVISA・JCB・MasterCardの3種類から選べます。入会資格は「有効なYahoo! JAPAN IDをお持ちの方・18歳以上の方(高校生を除く)」となっていて、実際の審査も厳しいことはなく、作りやすいカードです。

 

本人会員も家族会員も年会費は無料です。ETCカード発行料は500円。ショッピング利用可能枠は10万円~100万円です。

 

キャッシングの融資利率(実質年率)は18.0%。ショッピング保険が付帯されて100万円を限度として破損・盗難・火災などの偶然の事故により損害を被った場合には所定の金額が支払われます。

 

ただし旅行保険は付帯していません。またマイル・電子マネーの付帯サービスもありません。

2. ヤフーカードは使いやすいTポイントがよく貯まる

 

ヤフーカードでショッピングすると100円につきTポイントが1ポイント付いてきます(ポイント還元率1%)。

 

Tポイントはファミレス・コンビニなどの街のお店でも使いやすいポイントです。Yahoo! JAPANサービス内(Yahoo!ショッピング、LOHACOなど)で利用した場合は3%と高いポイントが付与されます。

 

その他にもポイント増額のサービスが多いので、Tポイントを集約するためのカードとしてヤフーカードを使う人も多いです。

3.楽天カードの特徴

 

楽天カードのカードブランドはVISA・JCB・MasterCard。入会資格は「18歳以上で日本在住の方」なので審査も通りやすいカードです。年会費は家族会員も含めて無料です。ETCカード発行料は500円。ショッピング利用可能枠は10万円~100万円です。

 

キャッシングの融資利率(実質年率)は18.0%。旅行代金を楽天カードで支払った場合は海外旅行傷害保険が付帯されます(最高2,000万円)。ショッピング保険は付帯していません。電子マネーは楽天Edy、マイルはANAマイレージと提携しています。

4.楽天カードは楽天スーパーポイントがサクサク貯まる

 

楽天カードは100円利用する毎に楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。楽天市場での利用の際は3倍になります。その他に専用アプリを使うなどすれば最大7倍のポイントを獲得することも可能です。

 

また、楽天カードのホームページではアンケートやゲームなどで楽天スーパーポイントを獲得することもできるので便利です。

どちらのカードもお得で便利

 

ヤフーカード・楽天カードどちらもポイントが貯まりやすいことで定評のあるカードです。

 

ふだんよく使うネットショッピングがYahoo! JAPANサービスなのか楽天市場なのかで決めてもいいですね。年会費無料ですから両方持って使い分けているという人も多いですよ。

いざという時に役に立つ!即日発行可能なクレジットカード

 

いざクレジットカードが必要だとなったときに、困るのはクレジットカードの発行には審査というものが必要であり、その審査に早くても1週間~10日間ほどかかるために今すぐほしいというニーズを満たしてくれるものはほとんどないということです。

 

しかし、そのようなクレジットカードの中でもいくつかのカードは即日発行に対応しています。今回はそのような即日発行に対応しているクレジットカードについて見ていきたいと思います。

1.即日発行といえばこれ!マルイで使えるエポスカード

 

クレジットカードが今すぐ必要という場合に強い見方となるのが、このエポスカードです。普通のクレジットカードは発行の際にカードを郵送で届けるという手間が必要になります。

 

しかし、このエポスカードはインターネットで申し込みを行って審査してもらい、その後、マルイの店頭でカード受け取りを希望することにより、即日発行を可能にしたものになります。

2.アメックスカードで即日発行が可能なセゾンパールアメリカン・エキスプレス・カード

 

エポスカードと同じような仕組みで即日発行を実現しているのがセゾンパールアメリカン・エキスプレス・カードになります。このセゾンパールアメリカン・エキスプレス・カードについてはセゾンのカウンターで受け取りが可能になっています。

 

ただ、このセゾンパールアメリカン・エキスプレス・カードが一つだけ少し面倒なのはエポスカードと違って勤務先へ在籍確認の電話がかかってくるということです。

 

この点について問題がなければこちらのセゾンパールアメリカン・エキスプレス・カードも立派な即日発行可能なクレジットカードとして選択肢のひとつになります。

3.即日発行ができるアコムマスターカード

 

もう一つの即日発行ができるクレジットカードの選択肢としてはアコムマスターカードがあります。

 

消費者金融であるアコムの名前がついているということで、利用することに抵抗感がある人も多いかもしれませんが、このカードは年会費が無料なので発行してもらっておいても損はありません。

 

アコムマスターカードについては一部のむじんくんという自動契約機で受け取りが可能になっているので、こちらのむじんくんを利用することで即日発行が可能になります。

即日発行可能なクレジットカードの代表的選択肢

 

即日発行可能なクレジットカードとして選択可能なカードのうち、代表的なものを上記の記事で記載しました。すぐにクレジットカードが必要になった場合にはこれらのカードを検討してみましょう。

関連サイト:楽天カードの審査を含めたポイントを徹底解説!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です